(参考ページ1)

自分のルーツを知る魅力

弊社の家系図ソフト「ルーツ2006」の商品名にもなっている"ルーツ(roots)という言葉の意味ですが、辞書で調べると、物事の
根元・起原。祖先。始祖。と表記されています。
"ルーツ"という言葉には、ものごとの始まりから今日までのある関係・・・・が一本の線でつながっているというイメージがあります。
家系図の場合、ある関係・・・・とは血縁になります。
ですからルーツを知る、ということは自分の始まりを知ることでもあり、今の自分の存在を知る、ということにもつながるのですね。
ちょっと難しいかもしれませんね。例えば、仕事で失敗したり、人間関係で悩んだりして、自分なんかどうでもいい存在なんだ、と、
落ち込んでいるときに、自分のルーツを知るとなんともいえない有難い気持ちになります。自分のおじいちゃん、おばあちゃん、
自分の両親とつないできてもらった命がいま自分の中にある。こう思うだけで自分はどうでもいい存在なんかではなく、ご先祖さま
に生かされている大切な存在なんだ、と思えるようになりますよ。ルーツを知ることは癒し効果もあるのですね。
また"ルーツ"という言葉で思う浮かべるものに、アレックス・ヘイリー原作の小説「ルーツ」があります。テレビドラマにもなりましたね。
西アフリカで生まれた黒人少年クンタ・キンテを始祖とする親子三代の黒人奴隷の物語です。「ルーツ」のヒットで、日本でも「ルーツ」
は流行語となり、自分のルーツ探し流行ったりしました。



つながっている喜び、ひとりではないということ

家族を亡くした時に親戚が助けてくれた、仕事がうまくいかなくて誰も助けてくれなかったときに唯一助けてくれたのは血のつな
がった家族だった、という経験を持っておられる方は意外と多いと思います。
ひとりではないんですね。ひとりではないんだ、ということを実際に確認できるものが家系図です。
家系図を見ると、自分はたくさんの人のおかげで生かされている、ということがすぐにわかります。

先祖供養は、家系図をつくることが一番!

皆さん、先祖供養はされておられますか?
命日にお墓や仏壇に花を添えて手をあわせてお祈りしている方もいるかと思います。
先祖供養とはそもそもどういうことなのでしょうか?
先祖供養とはお父さん、お母さん、そしておじいちゃん、おばあちゃん、その上の見たことはないご先祖様に今の自分が在ることを
感謝することではないかと思うのです。
そうは言われてもなかなかそう思うことができないと思いますので、1つ提案があります。
それは家族で家系図をつくってみてほしいのです。おじいちゃんはどんな人だったとか、ひいおじいちゃんはこういうことをしたとか、
家族で話をしながらつくってほしいのです。
自分がこの世に生を受けるまでに何人のご先祖様がおられたのでしょう?またこれから先、どのような子孫が増えていくのか?その
子孫たちはあなたのことを思い出して感謝してくれるでしょうか?
このように先祖に感謝し想いを巡らすことで、今を、そして未来へ希望をつなげていくことが先祖供養の原点だと思うのです。
そう考えると、漠然とご先祖様に手をあわせるよりも、名前や生い立ち、命日、できれば写真などあるご先祖様に手をあわせた時に
想いが伝わるのではないでしょうか。
ご先祖様に感謝の想いを伝えるためにも、是非、家系図を作成してみてください。
きっとご先祖様も喜ばれることと思いますよ。

親戚とのコミュニケーション

法事に出られたことはありますか?親戚の顔と名前が一致しなくて困った経験はありませんか?
もし家系図に顔と名前、年齢、そしてその親戚の両親や自分とどのような血のつながりがあるのか、など知りたい情報がいろいろと
書かれていればすごく便利だと思いませんか?
親戚のことをまずこちらが知ってあげて、声をかけてあげれば、きっと楽しいコミュニケーションがうまれるはずです。赤の他人と違い、
血でつながっているわけですから、なおさら暖かい雰囲気になると思います。
是非、今から家系図をつくりはじめられることをおすすめいたします。

家族や親戚の情報管理

家族や親戚、それに親しい知人のいろいろな情報をどのように管理されていますか?
例えば、妹のだんなさんや子供の大切なイベント(結婚記念日や誕生日など)の情報など、どのように記録していますか?手帳?カレ
ンダー?携帯電話?それとも記憶?いろいろな方法がありますね。
なかなか便利なツールがないんですね。
そこで役に立つのが家系図です。
家系図の中の個人個人の欄に誕生日やそのほか考えられる大切なイベント日を記入しておくのです。できればその人のことを知る
エピソードなんかもメモしておくと楽しいですね。
人の情報を管理する方法として代表的なものに住所録などがありますが、これだとその人の個人の情報はわかりますが、その人の
上下左右の家族の情報がわかりません。仮に名前の横に父とか長男と書いたとしてもイメージがつかないんですね。その点、家系図
の中にこのような情報を記入していけばすごくわかりやすい情報管理ツールになると思います。是非、お試しください。

家系図の過去、現在、未来

家系図は一般的には自分を起点にして、直系の血縁関係を過去にさかのぼっていきます。



しかしこれだと親戚の名前や最近生まれた家族や新規の子供の名前などわかりません。
そこでおすすめする家系図は下図のような直系も傍系も含めたみんなの名前がはいった家系図です。



家系図は過去を振り返るものだけではありません。過去を知り、今の自分の存在に感謝し、未来へと希望をつなげていく、この
営みをカタチにしたものが家系図だと考えます。
そうであるならば、すべての血縁関係を家系図にのせるべきだと思うのです。そのほうが役に立つと思いますし、なにより楽し くないですか。

株式会社 横浜クリエイション